医院案内

医院名
医療法人社団  少将井 いがわ医院
電話番号
医科:087-861-4306
歯科:087-861-3336

小児


このような症状があったら・・・

・学校の歯科健診で要治療の手紙をもらってきた

・歯が黒ずんでいる、穴があいている

・歯茎から出血する

小児歯科の流れ(虫歯、歯肉炎)

1診査、診断

レントゲン撮影をし、虫歯の大きさや歯槽骨(歯を支える土台の骨)の状態、後から出てくる永久歯の状態を確認します。

また、歯周ポケット(歯と歯茎の溝)の深さを測り歯肉の炎症の度合いを測定します。


その後、お子様の治療計画を立て、親御様とお子様にご説明致します。

分からないこと・心配事は、遠慮なくご質問ください。

歯医者さんの苦手なお子様には、まず慣れていただくことを大切にしております。

治療用のチェアに座って、歯科医師や衛生士と話したり、どんな道具を使って治療するのか?を実際に見て、歯の治療はどんなことをするのか?を分かってから治療を始めたいと思います。

2プラークの記録

特殊な薬で歯垢を染め出し、現在、歯垢や歯石がどこに、どれだけついているかの確認します。これにより歯磨きの磨き残しや磨き癖などが分かります。

虫歯や歯肉炎になった原因を調べる有効な手段の1つです。

3治療

当医院 歯科では出来るだけ痛みの少ない治療を心がけております。

一度治療すれば、「痛みがあまりない」ことを実感して怖さがなくなり、次回からの治療がスムーズに進みます。


4虫歯、歯肉炎予防

治療がひと通り終わると今度は再度虫歯や歯肉炎にならないための予防を行っていきます。子供の頃から続けて歯や口腔内の予防をすることが習慣になっていれば、お子様が大人になっても、歯だけでなく体の健康に気遣うことができると考えております。


フッ素塗布

フッ素には、「歯の再石灰化を促す」という機能があります。

クリーニングが終わった後のキレイな歯にフッ素をコーティングすると、効果はよりよくなります。


シーラント


「シーラント」とは、奥歯の溝を埋める方法で、生えたての永久歯に有効です。

奥歯は、磨き残しから虫歯になりやすい場所ですので、溝の奥を埋めることで虫歯予防をします。


ブラッシング指導

「磨いている」「磨けている」実際には違います。

お子様だけに任せた歯磨きでは不十分な場合が多く、歯の溝や歯と歯の間に磨き残りやすく、虫歯の原因となります。一定程度に成長するまでは、親御様の仕上げ磨きが重要になってきます。

染め出しを行い、色が付いた箇所について細かく指導していきます。

他に何か疑問がございましたら、お気軽にお尋ね下さい。


食育・食事指導


心当たりはありませんか・・・

・甘いものを食べる回数が多い

・良く噛んで食べていない


当医院 歯科ではお子さんの食事指導にも力を入れようと考えております。

現在、子供の虫歯の数は虫歯が多かった時代に比べて格段に減少しています。

ただ、私が日々の臨床や学会、講習会等で学び感じていることをお伝えしますと、虫歯は少なくても、顎の成長が弱く、顎の関節も細く安定しなさそうな子や若い方がとても多いなと感じています。

顎は20歳くらいまで力の影響を受けて成長します。硬いものを食べていると咀嚼力に耐えないといけないために大きく発育し顎が安定した形になります。

軟食は顎の発育不全を引き起こし態癖(癖)などで簡単に顎関節症や悪い歯並びを引き起こします。また、顎の発育不全は頭と体のバランスがとれにくくなり全身の疲れ、筋肉のコリなど種々の悪影響にも響いてきます。

当医院では幸い管理栄養士が常駐しています。お子様の健全な成長のためにも脱軟食、虫歯になりにくい食事やおやつ等、管理栄養士の方と協力して提案出来ればと考えています。